« H23.12.20 荻生小学校の児童さんからプレゼント | トップページ | H24.1.4 ぜんざいサービス »

H23.12.28 くるみんマーク認定

 

富山県の医療機関では初めて

 

次世代育成支援対策推進法第13条に基づく、

 

基準適合一般事業主に認定されましたhappy01

 

Photo


 

 

少子化の急速な進行を

 

政府・地方公共団体・企業等は一体となって

 

対策を進めていくため、

 

平成157月に成立・公布されたのが、

 

「次世代育成支援対策推進法」です。

 

この法律は、次代の社会を担う子どもが

 

健やかに生まれ、育成される環境の整備を行う

 

「次世代育成支援対策」を進めるため、

 

国や地方公共団体による取組だけでなく、

 

101人以上の労働者を雇用する事業主は、

 

「一般事業主行動計画」を策定し、

 

速やかに届け出なければならないとし、

 

雇用する労働者が100人以下の事業主には、

 

同様の努力義務があるとしています。

 

 

次世代育成支援対策推進法では、

 

事業主は、従業員の子育て支援のための

 

行動計画を策定・実施し、

 

その結果が一定の要件を満たす場合に、

 

厚生労働大臣の認定を受けることができます

 

その認定を受けたことを証明する認定マークが

 

「くるみん」マークになります。

Photo_2

 

2007年4月から子育て支援企業の認定申請がはじまり、

 

それにあわせて、認定マーク「くるみん」が誕生したのです。

 

認定を受けた事業主は、

 

認定マーク「くるみん」を商品や広告に使用することができます。

 

いわば、くるみんは

 

子育て支援に積極的に取り組む企業の目印になります。

 

実際のところ、男性の育児休業取得者の項目を

 

クリアするのが難しいといった企業が多いようですが

 

「くるみん」マークを取得している企業というのは

 

このような基準をクリアしているということなので、

  

男性でも育児休業を比較的取得しやすい環境

 

ということになります。

 

 

|

« H23.12.20 荻生小学校の児童さんからプレゼント | トップページ | H24.1.4 ぜんざいサービス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1432933/43550096

この記事へのトラックバック一覧です: H23.12.28 くるみんマーク認定:

« H23.12.20 荻生小学校の児童さんからプレゼント | トップページ | H24.1.4 ぜんざいサービス »